栗原 みあ 裁判。 裁判長の判決言い渡しに、栗原勇一郎への強い怒りを感じた

「お父さんにぼう力を受けています」栗原心愛さん虐待死 “公的機関の大人たち”はなぜ父親に屈したのか《裁判前検証》

栗原 みあ 裁判

Contents• 動画発覚の詳細 実の娘にどうしてこんな無残で悲惨なことができるのか、理解に苦しみます。 千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し両親が逮捕された事件で、父親が虐待の様子を写した動画データを所持していたことが分かりました。 この事件は、栗原心愛さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかり、父親の勇一郎容疑者(41)と母親のなぎさ容疑者(31)が、傷害の疑いで逮捕されたものです。 これだけでも許せない行為なのですが、さらに その後の捜査関係者への取材で、押収した勇一郎容疑者の所持品のなかにあった記録媒体に、心愛さんが勇一郎容疑者とみられる人物から暴行を受ける様子や、 ぐったりした心愛さんを写した動画のデータが保存されていたことが分かりました。 今年1月にスマートフォンで撮影された可能性が高いということです。 信じられない事実です。 また、心愛さんが死亡しているのが見つかった日の様子について、なぎさ容疑者が「 ひどくおびえた娘が部屋から逃げだそうとしたが夫に見つかって浴室に連れ込まれた」と供述していることが新たに分かりました。 母親も母親です。 なぎさ容疑者は別の報道に、次のようにも供述しています。 「娘が叱られていれば、自分が夫に何か言われたりせずに済むと思った。 止めたくとも止められなかった」 心愛ちゃんは、なぎさ容疑者の犠牲になっていたのです。 さらに、遺体の肺に水がたまっていたことも分かりました。 勇一郎容疑者は浴室で心愛さんに冷水のシャワーをかけるなどしていて、警察は、何らかの方法で無理矢理水を飲ませた可能性もあるとみて調べています。 いくら激怒したからといって、そこまでやるか! 同じことを勇一朗容疑者もされてみるといいかも? ネット上では心愛ちゃんが同級生に送ったマフラーが話題となっています。 撮影者は母親だった! さらに信じられない事実が! 心愛ちゃんが、勇一郎容疑者とみられる人物から暴行を受ける様子や、ぐったりする様子などが映っていたとされる動画は誰が撮影した? 警察は、勇一郎容疑者か母親のなぎさ容疑者が撮影したとみていますが、動画には勇一朗容疑者も写っているもよう… ということは、間違いなく勇一朗容疑者に指示され なぎさ容疑者が撮影したと思われます。 なぎさ容疑者は、目の前でわが子が水をかけられ悲鳴を上げ、ぐったりとしている姿をどんな気持ちで撮影していたのか? 栗原勇一朗・なぎさ容疑者、この夫婦のあり方事態に問題ありです。 勇一朗容疑者の恐ろしい人間性 勇一朗容疑者にはDV癖があり、なぎさ容疑者も恐れていました。 そもそも心愛ちゃんが死亡した日、勇一朗容疑者の激怒のきっかけは、おびえた心愛ちゃんが部屋から逃げだそうとしたことでした。 心愛ちゃんからすれば、当たり前の行動です。 なぎさ容疑者の供述から、 「廊下に立たされていた娘が無断で部屋に入ったことに腹を立て、再び廊下に連れ出し、浴室に連れて行った」 「再び廊下に連れ出し、浴室に…」ということは、 前から心愛ちゃんに対してDVは繰り返されていたようですが、勇一朗容疑者とは短気で自己主義な人間性と思われます。 家庭の中では自分が一番偉く、すべてを回している!的な。 またなぎさ容疑者がこのようにも話しています。 夫婦の力関係について「 自分は支配下にあった」と供述 どうしてこんな家庭ができてしまったのでしょう? 近所ではよい父親で評判の勇一朗容疑者、家庭ではDV夫であり、DV父親。 勇一朗容疑者の育った環境、心の中までちゃんと調べる必要があると思います。 なぎさ容疑者の性格は心愛ちゃんの同級生の母親が話すには、物静かでおとなしい性格の人間だったようです。 また心愛ちゃんとは仲が良く、心愛ちゃんはなぎさ容疑者にくっついて行動をしていたよう。 しかしなぎさ容疑者も家では心愛ちゃんを裏切っていたのです。 どうしようもない両親です。 虐待のマンションは? このような事件さえなければ環境の良い住宅地です。 この両親では…。 今回もタイトルしか見てないけど、見聞きする度に、心が壊れそう。 Twitterでは、 親じゃないし、もはや人じゃないよ。 鬼畜や。 こんな凄惨な事件二度と繰り返したらアカンよ。 国がちゃんと対処しないと。 虐待の様子撮影した動画発見 心愛さん死亡 両親逮捕 — ミテウ ミシク ZnR59QaMHIpHsDO 虐待の様子撮影した動画発見 心愛さん死亡 両親逮捕 — FNNプライムオンライン 信じられない。 近所には評判のいい父親。 その隠れた顔はわが子を虐待し母親に動画を撮らせる異常さ。 学校や警察、 の対応だけでは解決しない究明すべき問題がある。 — 真山勇一 参議院議員 MayamaMia ネット上では怒りの声が多発!しています。 ネット上では心愛ちゃんが同級生に送ったマフラーが話題となっています。 なんのために心愛ちゃんは、この世に生まれてきたのか! 幸せだと思ったことはあったのか? 誰を頼ったらいいのか、信じたらいいのか? 心愛ちゃんの見方はいないのです。 切なく、悲しくなります。 逆に、 本当に腹が煮え切るくらい勇一朗容疑者・なぎさ容疑者は許せません。 あなたたちが心愛ちゃんを作らなければ、こんなことは起きなかったのに! 次女の行く末が心配です。 栗原心愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。 スポンサーリンク.

次の

【2ch速報】心愛(みあ)ちゃんの号泣動画を父が保存 裁判員動揺し休廷

栗原 みあ 裁判

栗原勇一郎死刑? 小学校4年生、わずか10歳だった 栗原心愛さん。 どうしてこんなに早く命を奪われなければ ならなかったのか? 事件が明らかになって10日以上が経ちますが その衝撃が止むことはありません。 新たに分かったことは、父親の栗原勇一郎容疑者が 実子である栗原心愛さんに暴行していたシーンを スマホで撮影していたというのです。 おそらくスマホに残していれば バレる恐れもあると考えたのか パソコンやDVDやSDカードなど 他の記録媒体に保存していたようです。 なぜこんなことになるのでしょうか? また撮影者は誰なのか? という点が 焦点になりますね。 ・自分の片手で撮影したのか ・三脚などを使ったのか ・妻(嫁)の栗原なぎさ容疑者に撮影を依頼したのか 撮影していたこと自体が理解不能であって 誰が撮影しても何を使って撮影していても 到底許せることではありませんが、 母親である栗原なぎさ容疑者が 撮影していたのであれば、心愛(みあ)さんは どこに助けを求めていいのか分からずに 絶望していたでしょうね。 本当に、新たな事実が明らかになるにつれて 悲しみが増していく一方です。 栗原勇一郎容疑者 栗原なぎさ容疑者が 心愛さん殺害にどれほど関与していたのかが これから警察の事情聴取や 起訴された後は、裁判で明らかになるでしょうが 心愛さんへ行われた目を覆うような事実に 死刑相当ではないかという声は日増しに大きくなっていますね。 スポンサーリンク 両親親族出身地は野田市? 高校中学での評判は? 事件の舞台は、千葉県野田市の 栗原心愛さん一家が住んでいた自宅。 沖縄県糸満市から千葉県野田市に引っ越した理由は 栗原心愛さんの両親の都合のようです。 母親の栗原なぎさ容疑者が21歳の時に 栗原勇一郎容疑者(実親)との間に 生まれたのが長女、栗原心愛さんでした。 出会ったきっかけは明らかになっていませんが 出会った当初は、沖縄県糸満市以外の場所に 住んでいたようです。 しかし里帰り出産をするために 母親栗原なぎさ容疑者の実家がある 沖縄県糸満市に帰省したなぎさ容疑者。 目的は出産するためと言いながら 本当は、この頃から栗原勇一郎容疑者の 暴行が始まっていたのではないかな? とさえ 思ってしまいますね。 無事に心愛さんを出産後も、 栗原なぎさ容疑者は実家の横の部屋で 心愛さんと二人で住んでいたという情報もあります。 当時、栗原勇一郎容疑者が どこに住んでいたのかは不明ですが 幼い心愛さんを抱えて、 飛行機や電車などに乗るのは危険だと思い しばらく実家そばに住むことを決意したか それとも母親(心愛さんの祖母)のサポートを 受けた方がよいという判断をしたのか 母子2人で暮らしていました。 たまに会いにきていたのか、 糸満市に引っ越してきたのか 栗原勇一郎容疑者の暴行は 沖縄県糸満市でも確認されています。 当時は、心愛さんへの暴行ではなく 被害者は嫁の栗原なぎさ容疑者。 なぎさ容疑者の親族から警察に暴行の 相談がなされたこともあったようですし、 近隣住民も暴行の事実は知っていたようです。 それほど事が重大だったのか 狭い町だったから近隣住民の知るところになったのか 幼い時の心愛さんを知っている 沖縄県糸満市の人たちは 悔しいでしょうね。 ここで栗原勇一郎容疑者の 経歴を改めて確認していきましょう。 このことからも分かるように 栗原勇一郎容疑者の 出身地は野田市である 可能性は非常に高いですね。 不思議なのは、学生時代の栗原勇一郎容疑者の 様子が多く語られないことですね。 一部情報では、キレると怖かったいう情報もありましたが 真相は定かではありません。 野田市が行ったアンケートで 約1ヶ月半、柏児童相談所(児相)で心愛さんは 身を寄せますが、 親族宅で預かることを条件に 栗原心愛さんは一時保護を解除されます。 この時の親族というのは、 栗原勇一郎容疑者の両親か親戚、 つまり 野田市在住(出身地)の栗原勇一郎容疑者の親族 ということになりますね。 暴行の事案が、家族4人(栗原勇一郎容疑者、 栗原なぎさ容疑者、心愛さん、次女)だけでなく なぎさ容疑者の沖縄県糸満市の親族、 栗原勇一郎容疑者の親族にまで周知されているのに なぜ止めることが出来なかったのかと 悔やんでも悔やみきれませんね。 家族間の暴行が、重罰化する傾向に 司法が動いているようです。 亡くなった人の数ではなく、 そんな亡くなり方をしたのか、 そこを重く受け止めて警察や司法は 動いていくのでしょうか。 これからの行方も見守っていきたいと思います。 最後までお読みいただき有難うございます。

次の

心愛さん虐待死事件に関するトピックス:朝日新聞デジタル

栗原 みあ 裁判

今のところ傷害容疑とは 私の周りでもあるいはネットでも、わが娘を執拗な暴行のうえ虐殺した千葉県野田市、栗原勇一郎容疑者(41)への怒りの声で溢れている。 昨年、 東京目黒区で結愛ちゃん(当時5才)を虐待の末、殺害した船戸雄大(33)被告の時の怒りと同じだ。 船戸雄大被告と栗原勇一郎容疑者 今すぐにでも極刑にして欲しいが、なんとこれだけの凄まじい虐待とせっかんで心愛さん(10)を殺害しながら、今のところ逮捕容疑は"傷害"だけだ。 心愛さんの遺体は当然、司法解剖されたが、はっきりした死因は分からなかったという。 このままではせいぜい傷害致死容疑で再逮捕、起訴で終わってしまう可能性も極めて高い。 千葉県警にはあらゆる法令を適用し、なんとしても殺人罪での立件をお願いしたい。 結愛ちゃんと心愛さん 殺人罪以外、あったら教えて欲しい 長期に渡る暴行、せっかん。 数日間、食事を与えず、眠らせず、殺害した当日は朝から寒い廊下で立たせ、夜まで風呂場で暴行しながら冷水シャワーを浴びせ続けた。 殺人罪以外あったら教えて欲しい。 親が虐待の末、子どもを殺したケースは過去には最高、殺人罪での起訴という事件も1軒だけあったが、普通は保護責任者遺棄致死が大半だ。 だから 過去に死刑が適用された例はない。 最高が殺人罪適用で懲役30年、あとは保護責任者遺棄致死罪で15〜7、8年が多いようだ。 例えば昨年の船戸雄大被告さえも保護責任者遺棄致死罪での起訴だった(公判中)。 法令の適用、求刑には残念ながら世間の怒りは含まれないのだ。 しかし以前、子を虐待死させた事件の裁判員裁判で、検察求刑が懲役10年に対し、裁判員は15年の判決を下したことがある。 法律の専門家からは法判断が"市民感情"に流されることがあってはならないなど、一部に危惧する声もあったという。 しかし 私はこの裁判員裁判の判決こそが市民の普通の感情だと思う。 子殺しの厳罰化を望みたい この度、国連子どもの権利委員会が、わが国のこうした子どもの虐待事件を受け、政府に対し対策のための法整備など、緊急の勧告をおこなった。 この中で刑厳罰化も指摘している。 親の子への虐待による殺害に対処するためには、厳罰化のための新たな法律をつくることを迫られていると考える。 一般的な殺人罪以上の厳罰化を図る方向で、国会での議論を望みたい。 もりもと なおき.

次の