反町 別荘。 松嶋菜々子 夫・反町隆史と〝別居説〟が飛び出す裏事情(東スポWeb) 主演ドラマ「やまとなでしこ」(フジテレ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

反町隆史の別荘は琵琶湖!バス釣りマニア?【アオハルTV】|知ってトクする情報局

反町 別荘

俳優の反町隆史さんが、8月4日放送のバラエティー番組「アオハルTV」(フジテレビ系、日曜午後9時)に出演し、番組MCのヒロミさんとバス釣りに挑む。 別荘には、多数の釣りざおやルアーがあり、壁には反町さんの最高記録となる69センチ、重さ6キロ超のブラックバスをはじめ、これまで反町さんが釣った10ポンド(約4500グラム)以上のブラックバスの剥製が飾られている。 さらに、ガレージには、ボート用スロープが取り付けられていて、ヒロミさんも「こんなのあるんだ」と驚くほど。 反町さんがアメリカから取り寄せたマイボート、30年以上前のルアーなども披露する。 今回反町さんは、ヒロミさんが自己最高の49センチを超えるブラックバスを釣るために協力する。 これを2泊3日で達成させるため、反町さんは、ロケの3日前から現地入り。 ボート4艇を用意し、釣り仲間や地元の人々の協力のもと「チーム反町」を結成。 万全の体制を整えて行う。 夜に行われた湖畔でのバーベキューでは、ヒロミさんが反町さんに家族のことを質問。 反町さんは「仲良くやっています」と回答しながらも、年ごろの娘2人に対しては「ちょっとさみしいかな」と本音を漏らす一幕も。 俳優としての苦悩など、反町さんの意外な一面が見られるという。

次の

松嶋菜々子 夫・反町隆史と〝別居説〟が飛び出す裏事情(東スポWeb) 主演ドラマ「やまとなでしこ」(フジテレ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

反町 別荘

夫婦不仲説、別居・離婚危機の噂などが流れていた俳優・反町隆史さん(本名=野口隆史 46歳)と女優・松嶋菜々子さん 46 がコロナ禍に、滋賀・琵琶湖近くの別荘で過ごしていたことを週刊誌『週刊新潮』が報じ反響を呼んでいます。 週刊新潮によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、他県への移動もままならない時に、反町隆史さんと松嶋菜々子さん夫妻が琵琶湖のほとりで頻繁に目撃されていたとし、反町さん本人にも直撃取材し話を聞いています。 記事では滋賀県内にある高級スポーツジムに通う年配の女性会員が、 「ええ、このジムで反町さんとよくお会いします。 見た目も引き締まって『相棒』から飛び出してきたみたい。 トレーナーの方を2人つけ、懸垂やランニングマシーンなどかなりハードにこなしています。 3月にお見掛けした時は、『コロナなのに来ているのね』なんて声もあったけど、フレンドリーな方なので悪い噂は聞きません。 手を振れば笑顔で返してくれて、サインを貰った人もいます」と明かしています。 また、琵琶湖畔のマリーナで船舶を扱う地元業者は、 「反町さんは、10年ほど前からバス釣りに来ていて、湖を一望できる一等地に別荘を買った。 釣り用ボートを4、5隻も所有しているのは界隈で彼だけ。 マリーナに停泊させる維持費は1隻あたり年間20万~30万円かかるしね。 ギャンブラーという外国製の船が好きで、レストアして1隻1,000万円は下らないと思うよ」と明かしています。 こうした証言を得た週刊新潮の取材班は、別荘から姿を現した反町隆史さんに取材を敢行し、コロナ禍に家族と別荘で暮らしている理由を聞くと、「 ココでの暮らしは3月下旬からだけど、毎年その時期に来ているんです。 もちろん嫁も一緒。 子供の春休みと『相棒』のシーズン終わりが重なり、家族みんなで過ごせるから。 けれど今年は4月に入って緊急事態宣言が出てしまい、東京へ帰れなくなってしまった。 だから、コロナが怖くて逃げてきたわけじゃないよ」と話したといいます。 別荘での暮らしぶりについては、「 撮影もないから家族でゆっくり。 自然の中で過ごすのが好きだから。 子供にはあまり仕事の顔を見せたくないので、芝居の練習はしていないよ。 これは妻も同じ。 その代わり仕事再開に向けて体は鍛えています。 筋力も体重も現状をキープ。 体重は増えていませんよ」と答え、反町さんはわざわざ別荘まで取材に来た記者を気遣い、去り際には新しいマスクを土産代わりに持たしてくれたと伝えています。 そして、この報道に対してネット上では、• なんだか素敵…。 あまりプライベートを話すイメージがなかっただけに自分の中で好感度上がりました。 反町家の娘さん達は、幸せだね。 本当に素敵なご夫婦、自然体で芸能活動とプライベートをキッチリ分けてる• どっかの一家みたいに家族総出でSNSをやらずにテレビでもあまり家族の事を話さないけど家族を大切にしている反町一家には好感度しかないです。 プライベートなのに、ちゃんと記者の突撃に丁寧に答えて好感しかない。 素敵なお父さん、家族だなと思う• かつて反町さんの露出が少なく、松嶋さんのヒモ呼ばわりされていたけど、おくびにも出さず、マイペースにされていたイメージ。 ご夫婦ご家族仲が良さそうだし、仕事と家族をきっちり切り離していて好感が持てます。 別荘への突撃取材にもちゃんと応じる大人の対応。 しかも、コロナでこっちに逃げてきてるんじゃないかみたいなイラッとくる質問もされてるだろうに…。 去年くらいに通りすがりに倒れた女性だったかを助けて、何も言わずに去って行ったり、見た目だけじゃなく中身までイケメンなんだね。 などの声が上がっています。 反町隆史さんは大の釣り好きとして有名で、小学5年生のころから始めたというバス釣りではトーナメントで優勝したこともあるといい、以前からバス釣りのスポットとして有名な琵琶湖で釣りをする姿が目撃されています。 2012年には『フライデー』によって、琵琶湖の豪華な別荘に織田裕二さん夫妻を招いていたことが報じられており、2011年に建てた高級別荘の敷地は400平方メートル近く、ボートの係留場まで併設されていて、別荘は平屋ながらも床面積は約120平方メートルもあるとしていました。 仲良くやってますよ。 (バス釣りに熱中することに家族からは)怒られないですね。 意外とクールです。 休みになったら子供達を(琵琶湖の別荘に)連れてきて遊んだり」と答えていました。 ただ、長女 16 は今年春に高校生、次女 12 は中学生となり、「 全然遊べない。 小さい頃はよく(出かけに)行ってたけど、(今では)ちょっと離れるみたいな。 寂しくなりますよ」と明かしていました。 反町隆史さん家族の姿は週刊誌に何度もキャッチされていますが、夫婦揃って娘の運動会に参加したり、家族で食事に出かけたり、別荘で過ごしたりと、家族の仲が非常に良いという印象しかないですね。 『週刊文春』が昨年行った『令和初「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」アンケート』でも、前回3位だった堺雅人さん&菅野美穂さん夫妻を上回って9位にランクインしており、前回の圏外から大きく上昇しているのですが、今後も変わらず良い夫婦関係を続けていってほしいですね。

次の

反町隆史の滋賀県の別荘は琵琶湖畔の堅田と坂本の間の場所。選んだ理由は世界記録?

反町 別荘

俳優のが、8月4日(日)放送の『』(フジテレビ系、毎週日曜21:00~)に出演することがわかった。 今回、反町は番組MCのと共に、琵琶湖で趣味のバス釣りに挑戦する。 ヒロミをはじめ、、、の・らレギュラー陣が番組を盛り上げる。 また、ゲストとして、がスタジオに登場。 今回は推計100万匹以上のブラックバスが生息する世界有数のスポット・琵琶湖を舞台に、反町とヒロミがバス釣り企画に挑む。 「なぜ出てくれるのかわからない。 番宣ではありません。 この方です!」とヒロミに紹介された反町は、アメリカから取り寄せたマイボートで登場。 実は大のバス釣り好きだという反町は、琵琶湖に別荘を購入し、仕事の合間をぬってバス釣りを楽しんでいるのだという。 また、腕前も相当なもので、釣ったバスの重量を競う大会で入賞するほどなのだとか。 事前に番組スタッフと計4回、トータル7時間の綿密な打ち合わせを行った反町はやる気十分。 同じくバス釣り好きで、最高記録は49cmだというヒロミを迎え入れる。 今回の企画は2泊3日で、反町の指導を受けたヒロミがバス釣りの自己記録更新を目指す。 ヒロミは「記録を塗り替えたい」と意気込むものの、あまりに大掛かりな体制に、「釣れなくても釣りは釣りだから……」と思わず保険をかけた発言も飛び出してしまう。 ロケ初日を迎え、ボートでポイントに移動する2人。 ヒロミに様々なアドバイスをするなど、反町の指導にも熱が入る。 番組スタッフがヒロミに調子を聞こうとすると、反町に「いま真剣だから質問なしだよ!」とピシャリ。 スタッフは集中する2人を邪魔しないように、別のボートで離れて見守ることに。 果たして、ヒロミは反町の指導のもと、自己記録を更新することはできるのか。 また、今回は反町の別荘にテレビカメラが初潜入。 ガレージのボート用のスロープなど、釣りのためにカスタマイズされた別荘には、ヒロミも「いや驚いた! こんなのあるんだね」と興味を示す。 さらに家の中には、大量の釣り竿やルアー、反町の最高記録である69cm・重さ6kg超のブラックバスの剥製などが飾られていた。 小学5年生でバス釣りにハマったという反町は、31cmのバスを釣った日付も覚えていて、30年以上前の当時のルアーも大切に保管しているという。 「水の中を想像することにロマンを感じる」と、その魅力を語る反町に、ヒロミも「魚がどう思っているかはわからないからね」と共感。 同じ趣味を持つ2人は意気投合し、夜は湖畔でバーベキューを行いながら、本音トークを繰り広げる。 ヒロミが家族のことを尋ねると、「仲良くやってますよ」と反町。 現在、女の子2人の父親だが、年ごろゆえに思うこともあるようで「ちょっとさみしいかな」と本音をこぼす場面も。 また、俳優としての苦悩も語りだし、焚き火の前で普段見せない素顔をさらけ出していく。 番組ではこの他、によるチャレンジ企画も実施。 熊本県の湯島を訪れた土屋は、1か月で最高150万円を売り上げるという海女さんに同行し、素潜りでウニ漁に挑戦する。

次の