愛知 県 ひまわり 畑。 季節のお花畑

愛知近郊のひまわり畑の名所と見頃の時期はいつ?

愛知 県 ひまわり 畑

見どころは、バラ園、椿園、アメリカ産植物見本園、中国産植物園林、桜の回廊。 また、この地方でしか見られない「シラタマホシクサ」は東海地方固有の植物として知られていて、白く丸い花が一面に咲く様子は星やコンペイトウ散りばめたように見えます。 東山動植物園 住所 :〒464-0803 名古屋市千種区田代町字瓶杁1-62() 開園時間:午前9時~午後4時50分 入園料 :大人500円 [西区] 庄内緑地 名古屋でも最大の株数を誇るバラ園と、秋を代表するボート池周辺のコスモス畑などが楽しめます。 庄内緑地公園 住所 :名古屋市西区山田町大字上小田井字敷地3527() 開園時間:公園内自由(グリーンプラザ 9:00~16:45) 定休日 :無休 入園料 :無料 [港区] 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット 22のテーマガーデンが揃う癒しスポット。 名古屋市の南の方に位置する海を埋め立てた場所に2002年にオープンした施設です。 メインガーデンとなる「ワイルドフラワーの里」には色とりどりのコスモスが咲き乱れます。 ワイルドフラワー(野生的な雰囲気を持つ花)という名前ですが、きれいなお花もたくさんあります。 季節ごとに咲く花が違い、鮮やかのオレンジのキバナコスモスや、イエローキャンパスなど一年中楽しめますよ。 園内にはレストランもあり、多くの花を眺めながらの食事をして癒されるのもいいですね。 また海を挟んで対岸に名古屋港水族館などがあるガーデンふ頭があり、そこからブルーボネット行きの船も出ていて10分程度で行き来することができます。 名古屋港ワイルドフラワーガーデン 住所 :〒455-0028 名古屋市港区潮見町42番地() 開園時間:9:30~17:00 定休日 :毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日) 入園料 :300円 江南市 国営木曽三川公園 フラワーパーク江南 鮮やかな色で咲き誇るロマンチックなお花畑が見られます。 また、珍しい品種が見られるフラワーパーク。 秋にはチョコレートの香りがするチョコレートコスモスや、筒状で八重咲きのダブルクリックなど珍しいコスモスが開花します。 国営木曽三川公園 フラワーパーク江南 住所 :〒455-0028 名古屋市港区潮見町42番地() 開園時間:9:30~17:00 定休日 :毎月第2月曜日 休日の場合は直後の平日 入園料 :300円 駐車場 :無料(約360台 大型12台) 一宮市 国営木曽三川公園 138タワーパーク 展望タワー「ツインアーチ138」の下にある公園で、約4,000株の四季咲きのバラが咲き乱れる「ローズストリーム」、コスモスなど季節ごとに美しい花が咲く「花畑」、「花の迷路」、「花の小径」などが楽しめます。 子どもたちに人気のフワフワドーム・大型木製複合遊具などもあります。 ひまわり畑が一面にドーンと広がっています! 広大な敷地に広がっており、どこを見てもひまわりが見えます。 ひまわりは一種類ではなく、何種類か植えてあるため、他と比べて長い期間楽しむことができます。 ひまわりとひまわりの間に入りこんで迷路気分を味わってみたり、高台から一面に広がるひまわりを眺めてみたり、近くに寄って眺めてみたり、いろんな方法でひまわりを楽しめます。 また、受付でハサミを受け取り、一人3本まで花を持ち帰ることができます。 帰りに切り取った花を受付に出すと、家まで枯れないように濡れた新聞紙で包んで、ビニール袋に入れてくれます。 家に帰ってからもひまわり畑の余韻を楽しむことができますよ。 夏~秋にはひまわりですが、他の季節でもなだらかな丘一面に季節の花が広がります。 ポピー、菜の花、牡丹など、一年中さまざま一面に広がる花々を楽しめます。 8月~10月にはメロン狩りも楽しめます。 観光農園 花ひろば 住所 :〒470-3411 愛知県知多郡南知多町豊丘高見台48() 開園時間:8:00~17:00 定休日 :無休 入園料 :大人650円 駐車場 :無料(100台) 日進市 愛知牧場 春の菜の花、夏のひまわり、秋のコスモスなど、季節のお花が楽しめます。 動物とふれあえる「どうぶつ広場」や各種体験も人気のスポットです。 モーハウスのソフトクリームも行列ができるほどの人気ですよ。 愛知牧場 住所 :〒470-0111 愛知県日進市米野木町南山977() 開園時間:10:00~17:00 定休日 :無休(施設によってはあり) 入園料 :無料 駐車場 :土日祝日に限り、普通車1台につき500円 長久手市 愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 愛知万博「愛・地球博」跡地の記念公園では「花の広場」で季節のお花を見ることができます。 ジブリ「となりのトトロ」から再現された「サツキとメイの家」でも有名です。 愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 住所 :〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1() 開園時間:8:30 ~ 17:00 定休日 :無休(施設によってはあり) 入園料 :無料 駐車場 :あり(有料) 安城市 安城産業文化公園 デンパーク 安城市にあるデンパークでは季節の花々を楽しみながら、工作体験も気軽に挑戦できる人気スポットです。 様々な植物が展示されていて、ルビー・ジンジャーや温室のトロピカルフラワーなど、珍しい花も楽しむことができます。 安城産業文化公園 デンパーク 住所 :〒446-0046 安城市赤松町梶1() 開園時間:午前9時30分~午後5時 定休日 :毎週火曜日(祝日の場合はその翌日) 入園料 :大人600円 駐車場 :無料(乗用車1000台・大型バス20台) 豊橋市 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク) のんほいパークは豊橋にある動物園&植物園、さらには遊園地もある人気テーマパーク。 植物園ではオールドローズなど約100種類のバラが次々に花開きます。 秋の七草の1つであるフジバカマが咲くと、「渡りの蝶」アサギマダラが蜜を求めて飛んできます。 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク) 住所 :豊橋市大岩町字大穴1-238() 開園時間:午前9時~午後4時30分 定休日 :毎週月曜日 (祝日及び振替え休日の場合は翌平日) 入園料 :大人600円 駐車場 :あり(有料) 半田市 矢勝川堤の彼岸花 秋限定ですが、ヒガンバナが咲く季節に一面を真っ赤に染める絶景「矢勝川堤の彼岸花」が見られます。 「ごんぎつね」などの著書で知られる童話作家の新美南吉の実家近くで、作品にちなんで彼岸花が200万本も植えられています。 金色の稲穂とのコントラストも鮮やかで、一見の価値ありですよ。 矢勝川堤の彼岸花(ごんの秋まつり) 住所 :〒475ー0814 愛知県半田市() 期間 :9月中旬~10月初旬 定休日 :- 入園料 :- 駐車場 :- アクセス:期間中、土日祝日のみアイプラザ半田の駐車場から無料周遊バスあり 岡崎市 岡崎公園 ここは、桜の季節になると岡崎桜まつりをやっていてお花見ができるます。 桜以外にも、藤まつりでは藤棚を、その周辺にはお花畑のようにツツジなどが並んでおり、とても綺麗なお花を見る事が出来ます。 桜まつりの時はたくさんの屋台で賑わっていて、藤まつりの時にも少しの屋台ですが食事も楽しむ事が出来ます。 駐車場の料金は多少かかりますが、綺麗なお花に癒されに散歩などで行くのもオススメです。 岡崎公園の近くには徳川家康の岡崎城もあり、まわりのスポットも一緒に楽しむのも良いと思います。 岡崎公園 住所 :〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561番地1() 営業時間:8:30〜17:15 定休日 :土日、祝日、年末年始 入園料 :無料 駐車場 :30分につき 午前7時~午後10時:100円 午後10時~翌日午前7時 50円 上限額 1,500円 24時間につき).

次の

ひまわり農業協同組合

愛知 県 ひまわり 畑

愛知近辺のひまわり畑(愛知県、静岡県、岐阜県)の名所と開花時期や見頃はいつ? 愛知県のひまわり畑の名所や見頃の期間 観光農園 花ひろば 広くなだらかな丘が幾重にも続き、富良野・美瑛のような広大な景観を楽しめます。 年を通して、様々な花を見る事ができます。 ご入園料で季節のお花をお摘み帰りいただけます。 ひまわりは5本まで 春は食用菜の花摘み、夏は日本最大級のひまわり畑が人気で、11月末まで常時14万本のひまわりが咲きそろい、まるで黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観は、毎年お客様からの感動の声が絶えません。 観光農園 花ひろば のひまわりの動画 静岡県のひまわり畑の名所や見頃の期間 浜名湖ひまわり祭 浜名湖ガーデンパークより車で5分北上。 広大な敷地に約30万本のひまわりが咲く!(開花の見ごろは、7月末~8月上旬) 遊休地を利用した会場には、約30万本のひまわりが咲きます。 浜名湖ひまわり祭の動画 毎年10月下旬に「ひまわり祭り」のイベントを予定しており、クラウンメロン試食、地元物産販売、ミニコンサートなどを計画しています。 なお、「源氏の里」とは、友永地内にある積雲院というお寺に、「源朝長」の墓があることから名付けました。 源朝長は源頼朝の長兄にあたります。 ひまわりは、秋の気候のため大きくはありませんが、長く楽しめます。 また、一般的な黄色のひまわりの他、濃い赤紫の「ムーランルージュ」という品種もご覧頂けます。 名称:源氏の里ひまわり祭り 開催日:毎年11月上旬 本数:約100万本 住所:静岡県袋井市友永(三川地区) 規模:約4. 7ヘクタール 入場料:観覧無料 お問い合わせ:0538-48-8691(源氏とひまわりの里づくりの会) 源氏の里ひまわり祭りの動画 岐阜県のひまわり畑の名所と見頃の時期 アルコピアひまわり園 飛騨高山にある「ひだ舟山スノーリゾートアルコピア」のサマーシーズンイベントとして「アルコピアひまわり園」を開園します。 面積は1. 4ha、約20万本のひまわりがゲレンデ一面を黄色く染めます。 写生大会、ジャンボしゃぼん玉、バザー、物産販売など催しを予定しています。 是非、飛騨高山の夏の観光スポットとしてアルコピアにご来場ください。 名称:アルコピアひまわり園 開園期間:8月上旬~8月中旬 開園時間:9:00~16:00 本数:約20万本 住所:岐阜県高山市久々野町無数河 ひだ舟山スノーリゾートアルコピア 規模:約1. 4ha 入場料:入場無料(協力金200円程度お願いいたします) 駐車場:駐車場無料(1,300台) お問い合わせ:0577-52-2270(ひだ桃源郷くぐの観光協会) アルコピアひまわり園の動画.

次の

愛知 岐阜 三重 花の名所 花のカレンダー

愛知 県 ひまわり 畑

伊良湖菜の花ガーデン 愛知県田原市の渥美半島では、各地でたくさんの菜の花畑を見ることができますが、その中でも有名なのが 「伊良湖菜の花ガーデン」。 菜の花の見頃時期である 2020年1月11日(土)~3月31日(火)にかけて開催されている渥美半島「菜の花まつり」のメイン会場ともなっており、黄色いじゅうたんを敷きつめたようなきれいな景色を見ることができます。 渥美半島全域や伊良湖菜の花ガーデンともに 見頃時期は1月中旬~3月下旬とされており、一面に広がる春の世界を体感することができます。 イベントも多数開催 まつり開催期間中は伊良湖菜の花ガーデン内いっぱいに広がる菜の花畑の中を歩いたり、ソリ滑りが楽しめたりと大人から子どもまで楽しめるイベントが開催されます。 菜の花畑の中には人気の写真スポットもありますので、きれいな菜の花たちとかわいい写真を撮ることもできますよ。 ご当地グルメが楽しめる 飲食店の店頭販売も行われるのでグルメを堪能することもでき、その中でも 特に菜の花を食材にした菜の花コロッケは人気となっており、土日祝日限定で渥美半島で獲れた大アサリの焼き貝も食べることができます。 また、伊良湖菜の花ガーデン内では、黄色に光る菜の花とピンクに染まる河津桜を一緒に眺めることができるスポットもあります。 河津桜は2月中旬から下旬頃にかけて開花を始め、見頃時期は3月上旬前後、3月中旬になると徐々に葉桜となっていきます。 そのため、3月上旬前後が最もきれいな菜の花と河津桜のコラボを眺めて楽しむことができる時期となっています。 動物に触れたり、季節の花々がたくさん眺められる愛知牧場では、たくさんの菜の花が見られることでも人気な名所となっています。 渥美半島の伊良湖菜の花ガーデンよりもやや遅めに満開を迎える 愛知牧場の見頃時期は、2月中旬から4月下旬(天候によって変動)となっており、すでに見頃時期を迎えています。 一番人気のスポットは、やはり「菜の花 花畑迷路」となっており、菜の花に囲まれながらずっと続く道を歩きながら春を体感することができます。 愛知牧場は楽しめるエリアが充実 愛知牧場内には写真スポットもいくつか作られていますので、デートでも家族連れでも人気のスポットとなっていますね。 また、菜の花を堪能した後は、どうぶつ広場で遊んだり、バーベキューを楽しんだり、愛知牧場の名物・ジェラートを味わったりすることもできるので菜の花以外にも楽しめるエリアが充実しています。 ちなみに愛知牧場の桜の開花時期は例年3月下旬頃となっており、見頃時期は3月末から4月上旬あたりとなっていますので、一部の期間では菜の花と桜ののコラボを楽しむこともできますよ。 スポンサーリンク 観光農園花ひろば 南知多にある様々な花を眺めたり、いちご狩りなど楽しめる 「観光農園花ひろば」。 そんな多くの花々たちが見られる観光農園花ひろばでは、きれいな菜の花たちも眺めることができるのはもちろん、大人から子どもにも人気の菜の花摘み体験を行うこともできます。 観光農園花広場の菜の花の開花時期は少し早い12月上旬頃となっており、 見頃時期は12月末頃から3月下旬となっています。 寒い時期ですが、菜の花以外にもビオラなど色んな花々を見て楽しむことができるのが観光農園花ひろばの特徴ですね。 菜の花と河津桜とのコラボ 桜に関しては、 河津桜が2月中旬に開花をはじめ、見頃が2月下旬~3月上旬となっていますのでこの時期であればきれいな菜の花とのコラボを楽しむことができますよ。 また、観光農園花ひろばには珍しく1月にひまわりが咲きますので、菜の花以外にも色んな花々を眺めることができます。 庄内緑地公園 名古屋市西区にある菜の花と桜のコラボが眺められる 「庄内緑地公園」。 庄内緑地公園には、約28,000本もの菜の花と約700本の桜の共演が楽しめると人気のお花見スポットとなっています。 例年の庄内緑地公園の 菜の花の開花時期は3月上~中旬頃、見頃時期は4月上旬頃となっています。 このように庄内緑地の菜の花は他のスポットよりも少し開花が遅いため、ちょうど桜が満開となる3月下旬~4月上旬に見頃を迎えやすく、ピンクの桜との夢のコラボが楽しめるのが魅力ですね。 ずらっと連なる黄色の菜の花 庄内緑地公園の菜の花は、一列にずらっと並ぶように植えられており、遠くまで連なる黄色の菜の花はとてもきれいですよ。 大きな芝生が広がったエリアに植えられているため、 テントを敷いてゆっくりお弁当を食べながら眺めることができるのも人気のポイントとなっています。 また、例年 3月下旬~4月中旬頃には「春の華まつり」が開催され、菜の花摘みやコンサートなど様々なイベントが開催されます。 菜の花以外にもきれいな花々が咲く春の庄内緑地は人気のお花見スポットとなっていますね。

次の