ほん こわ。 『ほんとにあった怖い話(ほんこわ)2006年夏の特別編』の感想だよ~ん(*'▽')【一番怖い・ランキング・6番の部屋・そこにいる!・ネタバレ】

ほんこわ!五字切り!!!カーッ!

ほん こわ

『汲怨(きゅうえん)のまなざし』のあらすじ 千葉県某所、宮崎孝史(佐藤健)は数年前、妻の宮崎あすか(阿部純子)と結婚し、息子の宮崎サトシ(森優理斗)も生まれ、平凡ながらも幸せな日々を送っていました。 そんな中、宮崎孝史(佐藤健)は仕事帰りの道で、真っ白な服を着た女(趣里)が具合悪そうにしゃがんでいたので、声をかけますが、特に反応はなく、宮崎孝史(佐藤健)は、 そのまま帰宅しようとすると、真っ白な服を着た女(趣里)は宮崎孝史(佐藤健)が宮崎サトシ(森優理斗)と朝、通勤する時に一緒に歌っていた「げんこつやまのたぬきさん」を歌いながら近付いてきました。 宮崎孝史(佐藤健)は怖くなり、走って家に帰り、その夜は何事もなく、過ぎたのですが、翌日の朝、宮崎サトシ(森優理斗)と一緒にバスに乗ると、バスの中に真っ白な服を着た女(趣里)の姿を見かけ、その話を会社ですると、ストーカーなのではないかと会社の人達に言われてしまいます。 その日の夜、宮崎サトシ(森優理斗)の部屋から、泣きながら「怖い」という声が聞こえてきたので、宮崎孝史(佐藤健)が一緒に寝ることにすると、背後から全身真っ白な服を着た女(趣里)の姿が!? しかし、振り返ると、もうその姿はなくなってしました。 それからしばらくして、会社にどうしても会いたいというお客さんが来ているというので、お客さんが待っている部屋に行くと「真鍋です。 姉がお世話に!」と言われ、専門学校で一緒だったという真鍋みなみの妹(藤野涼子)が来ていました。 そこで専門学校時代に花火をしに行った時の集合写真を見せられると、真っ白な服を着た女が真鍋みなみ(趣里)だったのです。 当時、真鍋みなみ(趣里)は地味で目立たない人物で、宮崎孝史(佐藤健)に気があるという噂があったことを宮崎孝史(佐藤健)は思い出します。 すると、真鍋みなみの妹(藤野涼子)は真鍋みなみ(趣里)が先月、亡くなったこと、日記に宮崎孝史(佐藤健)の名前があったので、何か知っているのではないかと思って、会いに来たことを告げます。 そこで宮崎孝史(佐藤健)は日記を読ませてもらうことにすると、そこには宮崎孝史(佐藤健)が家族との生活が克明に書かれてあり、最後のページには「たーくん」という文字がびっしりと書かれていました。 宮崎あすか(阿部純子)に、その話をすると、宮崎孝史(佐藤健)が覚えてないだけで、真鍋みなみ(趣里)に何かしたのではないかと言われますが、宮崎孝史(佐藤健)には特に思い当たる節もなく、いずれにせよこれで終わったと思っていました… それから、しばらくして、宮崎孝史(佐藤健)が家族で出かけ、宮崎孝史(佐藤健)がUFOキャッチャーを取るため、宮崎サトシ(森優理斗)に両替するから待っているように言うと、真鍋みなみ(趣里)が現われ、宮崎サトシ(森優理斗)を連れ去ってしまいます。 宮崎孝史(佐藤健)と宮崎あすか(阿部純子)はいなくなった宮崎サトシ(森優理斗)を必死で探しますが、見つからず、踏切の音に気付いた宮崎あすか(阿部純子)が走って向かうと、そこには真鍋みなみ(趣里)と宮崎サトシ(森優理斗)の姿が!? 電車が迫りくる中、宮崎孝史(佐藤健)がダッシュで宮崎サトシ(森優理斗)を助けると、宮崎サトシ(森優理斗)は「パパのこと、たーくんって!」と言うと、宮崎あすか(阿部純子)から「あなた一体何したの?」と言われてしまいます。 その後、宮崎孝史(佐藤健)は日記を読み返し、これだけ恨まれるだけのことを何かしたのか思い出そうとしますが、思い出せず、真鍋みなみ(趣里)と写真を撮った神社に向かうと、そこに真鍋みなみ(趣里)が姿を現し「たーくん、たーくん、たーくん」と言いながら、近付いてきて、腕をつかまれた瞬間に、真鍋みなみ(趣里)の記憶が流れ込んできたのです。 専門学校時代の仲間たちと、みんなが花火をしている中、真鍋みなみ(趣里)は集団に馴染めず、1人でいると、宮崎孝史(佐藤健)が線香花火を渡しにやってきたのでした。 線香花火を渡された真鍋みなみ(趣里)は嬉しいと思い、真鍋みなみ(趣里)は宮崎孝史(佐藤健)が何かをしたから恨んでいたわけではなく、宮崎孝史(佐藤健)との幸せを望んでいた、ただその一心であることを知ります。 宮崎孝史(佐藤健)は真鍋みなみ(趣里)に「全然覚えていなくてごめん…なのに、こんな俺のこと、ずっと思っていてくれてありがとう。 」と告げると、真鍋みなみ(趣里)の姿は消えてなくなり、再び、平穏な日常を取り戻すのでした。

次の

『ほんとにあった怖い話(ほんこわ)2006年夏の特別編』の感想だよ~ん(*'▽')【一番怖い・ランキング・6番の部屋・そこにいる!・ネタバレ】

ほん こわ

『悪夢の絵馬』あらすじ 小島洋介(バカリズムさん)は会社のムードメーカーのいじられ屋。 取引先との食事会でもネクタイをつゆにつけちゃったりとおっちょこちょいだから、みんな笑ってたの。 そしたら帰りに、取引先の新人社員の女性(吉本実憂さん)が、小島を追って来て絵馬を渡してきたの。 そのあとから小島の周りで変なことが起き始めるの。 同僚がコーヒーをこぼしたり、七味唐辛子がどばっと出たり、部下があり得ないミスをしたり…。 それで絵馬を神社にあずかってもらうと言い出した後輩が階段から転げ落ちてしまい……。 それで五円玉を指でコックリさんみたいに動かして、ある部屋でピタっと止まるの。 「この部屋の人が、亡くなるよ」 って言って、女の子の予言通りに五円玉が止まった部屋の人がどんどん亡くなっていくんだけど……。 でもね、朝閉めたはずの押入れが勝手に開いてたり、美容室でお客さんに「手が冷たすぎる!」って怖がられたり、変なことが起こるようになるの。 そのアパートの2階には、幹也しか住んでいないことが明らかになってその理由は……。

次の

ほん怖(ほんとにあった怖い話)2019の見逃し配信や無料動画・再放送は?

ほん こわ

『汲怨(きゅうえん)のまなざし』のあらすじ 千葉県某所、宮崎孝史(佐藤健)は数年前、妻の宮崎あすか(阿部純子)と結婚し、息子の宮崎サトシ(森優理斗)も生まれ、平凡ながらも幸せな日々を送っていました。 そんな中、宮崎孝史(佐藤健)は仕事帰りの道で、真っ白な服を着た女(趣里)が具合悪そうにしゃがんでいたので、声をかけますが、特に反応はなく、宮崎孝史(佐藤健)は、 そのまま帰宅しようとすると、真っ白な服を着た女(趣里)は宮崎孝史(佐藤健)が宮崎サトシ(森優理斗)と朝、通勤する時に一緒に歌っていた「げんこつやまのたぬきさん」を歌いながら近付いてきました。 宮崎孝史(佐藤健)は怖くなり、走って家に帰り、その夜は何事もなく、過ぎたのですが、翌日の朝、宮崎サトシ(森優理斗)と一緒にバスに乗ると、バスの中に真っ白な服を着た女(趣里)の姿を見かけ、その話を会社ですると、ストーカーなのではないかと会社の人達に言われてしまいます。 その日の夜、宮崎サトシ(森優理斗)の部屋から、泣きながら「怖い」という声が聞こえてきたので、宮崎孝史(佐藤健)が一緒に寝ることにすると、背後から全身真っ白な服を着た女(趣里)の姿が!? しかし、振り返ると、もうその姿はなくなってしました。 それからしばらくして、会社にどうしても会いたいというお客さんが来ているというので、お客さんが待っている部屋に行くと「真鍋です。 姉がお世話に!」と言われ、専門学校で一緒だったという真鍋みなみの妹(藤野涼子)が来ていました。 そこで専門学校時代に花火をしに行った時の集合写真を見せられると、真っ白な服を着た女が真鍋みなみ(趣里)だったのです。 当時、真鍋みなみ(趣里)は地味で目立たない人物で、宮崎孝史(佐藤健)に気があるという噂があったことを宮崎孝史(佐藤健)は思い出します。 すると、真鍋みなみの妹(藤野涼子)は真鍋みなみ(趣里)が先月、亡くなったこと、日記に宮崎孝史(佐藤健)の名前があったので、何か知っているのではないかと思って、会いに来たことを告げます。 そこで宮崎孝史(佐藤健)は日記を読ませてもらうことにすると、そこには宮崎孝史(佐藤健)が家族との生活が克明に書かれてあり、最後のページには「たーくん」という文字がびっしりと書かれていました。 宮崎あすか(阿部純子)に、その話をすると、宮崎孝史(佐藤健)が覚えてないだけで、真鍋みなみ(趣里)に何かしたのではないかと言われますが、宮崎孝史(佐藤健)には特に思い当たる節もなく、いずれにせよこれで終わったと思っていました… それから、しばらくして、宮崎孝史(佐藤健)が家族で出かけ、宮崎孝史(佐藤健)がUFOキャッチャーを取るため、宮崎サトシ(森優理斗)に両替するから待っているように言うと、真鍋みなみ(趣里)が現われ、宮崎サトシ(森優理斗)を連れ去ってしまいます。 宮崎孝史(佐藤健)と宮崎あすか(阿部純子)はいなくなった宮崎サトシ(森優理斗)を必死で探しますが、見つからず、踏切の音に気付いた宮崎あすか(阿部純子)が走って向かうと、そこには真鍋みなみ(趣里)と宮崎サトシ(森優理斗)の姿が!? 電車が迫りくる中、宮崎孝史(佐藤健)がダッシュで宮崎サトシ(森優理斗)を助けると、宮崎サトシ(森優理斗)は「パパのこと、たーくんって!」と言うと、宮崎あすか(阿部純子)から「あなた一体何したの?」と言われてしまいます。 その後、宮崎孝史(佐藤健)は日記を読み返し、これだけ恨まれるだけのことを何かしたのか思い出そうとしますが、思い出せず、真鍋みなみ(趣里)と写真を撮った神社に向かうと、そこに真鍋みなみ(趣里)が姿を現し「たーくん、たーくん、たーくん」と言いながら、近付いてきて、腕をつかまれた瞬間に、真鍋みなみ(趣里)の記憶が流れ込んできたのです。 専門学校時代の仲間たちと、みんなが花火をしている中、真鍋みなみ(趣里)は集団に馴染めず、1人でいると、宮崎孝史(佐藤健)が線香花火を渡しにやってきたのでした。 線香花火を渡された真鍋みなみ(趣里)は嬉しいと思い、真鍋みなみ(趣里)は宮崎孝史(佐藤健)が何かをしたから恨んでいたわけではなく、宮崎孝史(佐藤健)との幸せを望んでいた、ただその一心であることを知ります。 宮崎孝史(佐藤健)は真鍋みなみ(趣里)に「全然覚えていなくてごめん…なのに、こんな俺のこと、ずっと思っていてくれてありがとう。 」と告げると、真鍋みなみ(趣里)の姿は消えてなくなり、再び、平穏な日常を取り戻すのでした。

次の