電子申請 事業所整理記号。 GビズIDによって社会保険の算定基礎届を提出する方法(電子証明書不要)

e

電子申請 事業所整理記号

電子申請(e-Gov)の義務化 2019年3月、特定法人に対して雇用保険・労働保険などの一部届出・申請・報告書の電子申請義務化を定めた「厚生労働省令」が公布されました。 2020年4月の施行日から義務化の対象となる企業については、以下関連記事をご覧ください。 【関連】 CSVファイルとは CSVファイルとは、カンマ , でデータの値を区切ったテキストファイルを指します。 CSVは、Comma Separated Valueの略称で、CSVファイルは「カンマ区切りファイル」とも呼ばれます。 ファイルの拡張子は基本的に「. csv」です。 CSVファイルは、メモ帳などのテキストエディタで開けます。 ただし、中身は文字列とカンマでのみ構成されており、読みづらくなっています。 そのため、主にExcelといった表計算ソフトや、Accessといったデータベースソフトに取り込んで使います。 CSVファイルは、異なるアプリケーション間でデータをやりとりする際に使用するファイルで、互換性・汎用性のあるファイル形式です。 たとえば、Outlookなどのメールソフト、Webサービスの明細や、企業や行政のオープンデータなどをCSVファイルとして書き出すことで、受け取る側のアプリケーションにかかわらず読み取ることが可能となります。 CSV方式の対象手続き CSVファイル添付方式で申請可能な対象手続きは、下記のとおりです。 健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届• 健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届• 健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届• 健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額変更届• 健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届• 厚生年金保険被保険者住所変更届• 健康保険被扶養者(異動)届• 国民年金第3号被保険者関係届(資格取得・資格喪失・死亡)• 国民年金第3号被保険者被扶養配偶者非該当届 【関連】 電子申請の方法4つ 電子申請の方法は、「直接入力方式」、「連記式・CSVファイル添付方式」、「一括申請方式」、「API利用方式」の4種類あります。 連記式・CSVファイル添付方式 日本年金機構の配布する届書作成プログラムで「任意媒体届出書ファイル」を作成し、e-Govで添付・申請する方法です。 一括申請方式 一般の事業者のソフトウェアを使い、複数件の申請データをまとめた圧縮ファイルをe-Govで添付・申請する方法です。 API利用方式 一般の事業者のソフトウェアを使い、e-Govを経由することなく、ソフトウェアから直接申請する方法です。 CSVファイルを活用した電子申請のメリット CSVファイルの活用には、主に3点のメリットがあります。 既に登録済みのデータが利用可能 一度入力作業をしてしまえば、ターンアラウンドCDなどを使用し、日本年金機構に登録済みのデータを何度でも利用できます。 ターンアラウンドCDとは、日本年金機構から送付される、被保険者のデータが収録されたCDのことです。 日本年金機構に依頼すると、現在の登録データを管轄の年金事務所まで送付してもらえます。 複数名の同時申請が可能 登録済みのデータを活用すれば、複数名のデータを一つのファイルにまとめることができます。 1名ずつ登録する手間を省くことができ、時間短縮につながります。 社会保険加入者のデータ管理が可能 日本年金機構の発行している「届出書作成プログラム」を使って、社会保険データの管理も可能です。 電子申請(e-Gov)によるCSV作成・申請手順 それでは、実際にCSVファイルを使用した電子申請方法を見ていきましょう。 【参考】健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届(磁気媒体届書作成プログラム利用)を例としたe-Gov電子申請システム利用マニュアル 事前準備 まず、電子証明書の取得およびパソコンの環境設定をしておきましょう。 電子証明書の取得 電子証明書とは、ファイルの本人確認をするためのもので、基本的に有料かつ有効期限が定められています。 電子証明書は、公的個人認証サービスや商業登記に基礎を置く電子認証制度などを行なっている官公庁、もしくは各種民間認証局から発行されます。 官公庁での発行の場合、個人名義かつICカードタイプでの発行となり、別途ICカードリーダライタを用意する必要があります。 電子申請でのみ使用できる電子証明書となります。 一方、民間認証局での発行の場合、法人名義かつファイルタイプでの発行となり、電子申請以外にも使用できます。 パソコンの環境設定 電子申請を滞りなく行うためには、以下6点の準備が必要です。 パソコン(Windows)とブラウザソフト(Internet Explorer)の用意• Javaのインストール• 電子証明書を使用するための周辺機器・ソフトの設定• ブラウザポップアップの許可• 信頼済みのサイトとしてe-Govを登録• e-Gov電子申請用プログラムのインストール CSVファイルの作成 事前準備が完了したら、CSVファイルを作成します。 CSVファイルの作成に際しては、5つのステップがあります。 プログラムのダウンロード まず、日本年金機構の発行する「届出作成プログラム」をインストールします。 初期情報の設定 インストールした届出作成プログラムの起動後に表示される下記画面で、初期情報を設定しましょう。 左下の「初期情報を設定する」から、申請時の共通データを登録します。 「管理情報登録(F)」と「事業所情報録(J)」は、必須です。 CSVファイルの作成 次に、右上の「届出を編集する」にある「最初から(N)」をクリックし、CSVファイルの作成を開始します。 次の画面で「資格取得」や「資格喪失」、「算定基礎」といったタグが表示されます。 目的に応じて「追加(I)」ボタンをクリック、データを入力してCSVファイルを完成させます。 電子申請用提出ファイルの作成 続いて、CSVファイルから電子申請用提出ファイルを作成します。 中央の「提出ファイルを作る」から「電子申請用(D)」をクリックし、必要事項を入力して完成です。 「電子申請用(D)」をクリックしてから次の画面で「OK」を押すと、電子申請時に入力する「CSV形式届書総括票」を印刷できます。 ファイルエラーの確認 最後に、ファイル形式の誤りを防ぐため、「仕様チェックプログラム」をダウンロード・インストールし、ファイルエラーの有無を確認しておきましょう。 各プログラムは以下のサイトからダウンロード可能です。 【参考】届書作成プログラム・仕様書のダウンロード-日本年金機構 電子申請(e-Gov)による届出 CSVファイルの作成後、電子申請を行います。 まず、先ほど印刷したCSV形式届書統括表の内容を入力します。 データの指定後は、必ず請求者の電子署名を行いましょう。 次に、申請者が作成した任意の添付書類です。 必要なデータを添付し、e-Govに格納してから発行される「預かり表」を必ずダウンロードします。 最後に、預かり表を読み込ませ、申請者の基本情報および送付先を指定してから、一連の電子申請データを送付します。 CSVファイルによる電子申請(e-Gov)の注意点 CSVファイルによる電子申請を行う際は、以下の点に注意しましょう。 設定内容の変更に伴う対応 社会保険関係手続きでは、個人番号対応や様式変更に応じて、「提出元ID」や「事業所整理番号」の項目について、設定内容が変更されています。 そのため、作成するCSV形式届書総括票も、設定を変更する必要があることを忘れないようにしましょう。 社会保険の手続き時の媒体通番 e-Govで社会保険の申請手続きをする場合は、申請方式にかかわらず、媒体通番の入力が必須となります。 媒体通番とは、電子申請での社会保険手続きで付ける番号のことです。 基本的に「001」から始まり、提出した番号と同じ番号を二度は使えません。 番号が重複すると処理ができなくなるため、社会保険の手続きの際には、毎回異なる媒体通番を使用するよう注意しましょう。 電子証明書の有効期限 申請時に必須となる電子証明書には、有効期限が設けられています。 有効期限を過ぎていないか注意しておきましょう。 個人の場合は、マイナンバーカードなら発行日から5回目の誕生日まで有効です。 法人の場合は、各認証機関によって定められている有効期限が異なるため、個別で有効期限を確認する必要があります。 申請時に有効期限が過ぎないよう、事前に更新手続きを進めておきましょう。 まとめ• CSVファイルは、異なるアプリケーション間でのデータ移動ができるファイルである。 CSV方式での申請には、電子証明書の取得とパソコンの環境設定が事前に必要である。 CSVファイル作成の際には、日本年金機構の届出作成プログラムを活用する。 CSVファイルでの電子申請時には、媒体番号や有効期限に注意する。 CSVファイルでの申請可能な対象手続きは現在限定的で、社会保険資格取得、喪失などである。

次の

「GビズID」を利用して社会保険の算定基礎届を提出 │ 松野宗弘税理士事務所

電子申請 事業所整理記号

社会保険の電子申請は「e-Gov」を利用 役所への手続の電子申請は、現在税金、社会保険・労働保険、法務と別々のシステムが使われています。 参考記事(個人ブログ): 今回は、 社会保険の手続である「算定基礎届」(法人分)を、専用のシステムであるe-Govで提出 する 方法を試してみましたのでレポートします。 (なお、この手続を法人で行うには 法人の電子証明書が必要となりますので、電子証明書をまだ 取得されていない方はこちら(前半部分)をご覧ください。 ) 参考記事(個人ブログ): 算定基礎届とは? 算定基礎届とは、 役員・従業員の方の社会保険料を決定するために、 年に1回年金事務所へ提出する書類です。 具体的には4月〜6月の平均の報酬月額を7月10日までに年金事務所に報告し、 その金額をもとに9月に改定が行われ、10月から新しい報酬月額にて 計算された保険料を給与から控除することになります。 提出する書類は、• 総括表(表紙のようなもの)• 報酬月額算定基礎届(個人別に記載されたもの) の2つになります。 e-Govで提出するためには 送られてきた資料の中に、「電子申請」による提出の説明があります。 そこには必要な書類として• 被保険者報酬月額算定基礎届 70歳以上被用者算定基礎届(CSVファイル添付形式)• 被保険者報酬月額算定基礎届 総括表• 被保険者報酬月額変更届 70歳以上被用者月額変更届(令和元年7月随時改定者)(該当者がいる場合のみ) と書かれています。 7月に随時改定をする人がいなければ、1,2が必要となります。 「CSVファイル形式」とあるように、具体的には e-Govに他のシステム(届出書作成プログラムというもの)から作ったCSVファイルを取り込む ことによって算定基礎届を作成・提出します。 具体的な手順 届出書作成プログラムでCSVファイルを作成する e-Govに添付するためのCSVファイルを作成します。 作成には、 「届出書作成プログラム」というシステムが必要となります。 (Windowsのみ対応) 日本年金機構のホームページからダウンロードができます。 初期設定をする インストールしたら、このようなアイコンとなりますので 起動します。 (レトロなアイコンです!) 初期設定ウィザードの画面が開きますので、必要事項を入力します。 事業所整理記号、事業所番号などは送られてきた書類や、 新規適用届をしたときの書類を見て入力します。 登録被保険者情報編集という画面が出てきますので、 「追加」ボタンを押します。 被保険者の登録画面が出てきますので、氏名、生年月日、報酬月額、基礎年金番号、マイナンバーなどの情報を入力していきます。 先程作成した被保険者情報を呼び出し、算定基礎届を作成します。 登録を行うと、 届出書ファイル(. jkk拡張子)ができますので、わかりやすい場所に保存をします。 提出ファイル(CSVファイル)を作成する 次に、e-Govに取り込むための提出ファイル(CSV)を作ります。 先程作成した届出書ファイルを選びます。 作成年月日等を確認して、電子申請用ファイル(CSV形式)を作成します。 保存先は、自分ですぐわかるところにしておきます。 なお、 印刷(PDF化)もしておきます。 (あとで電子申請システムに手入力が必要となるため) これで、ようやくe-Govに取り込むためのCSVファイルができました。 e-GovでCSVファイルを取り込み、提出する e-Gov電子申請アプリケーションをインストールする さて、添付するCSVファイルもできたことだしe-Govで提出!と言いたいところですが e-Govで申請するためには、 専用のプログラムのインストールが必要です。 こちらから行うことができます。 (Windowsにのみ対応) 手続きを検索、選択する インストールが済んだら、e-Govのの画面から、キーワードで手続きを検索します。 e-Gov電子申請アプリケーションを起動する 「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」ボタンを押します。 「ワークフォルダの指定」という、作業をする場所を指定する画面が出てくるので、作業するフォルダを指定します。 総括表を入力・作成する 次に、このような総括表(総括票?)を入力する画面が出てきますので、 先程印刷又はPDF化したものを入力します。 (読み込めればよいのですが。。 ) 「添付書類はありますか」という箇所には、 電子にチェックを入れておきます。 作成が完了すると、次のような画面になります。 「引き続きこの手続の他の申請届出書を作成します。 」 を選択し、「進む」ボタンをクリックします。 CSVファイルを添付する 添付書類を添付する画面が出ますので、先程の届出書作成プログラムで作成したCSVファイルを指定して添付します。 「署名して次へ進む」ボタンをクリックします。 電子署名を行う 次に、電子署名を行います。 ICカードでの認証であれば、ICカードを接続します。 一時預かりを行う 署名が終わったら、 「預かり票」の指定画面にいきます。 一度保管をして、呼び出すそうです。 「預かり票指定」というところでファイル場所を指定し、わかりやすい名前で保存します。 申請者情報を入力・送信 これでようやく送信!?と思ったらまだ続きます。 メニューに戻り、「申請書送信」を選択し、先程保存した預かり票を読み込みます。 その後、申請者情報を入力します。 これも先程入力したのを生かしてほしいです。 なお、下のように姓名の間に全角スペースがないと あとでエラーになるので、姓と名の間には全角スペースを追加しましょう。 お気をつけください。 最後の最後で申請意思を確認されます。 ここまでやって、提出しない選択はないので確認し、送信ボタンを押します。 最後に、「到達確認」という画面が出てきたら無事送信できた証拠です。 「表示内容を保存」で必要ファイルを保存しておきます。 まとめ 法人の社会保険の算定基礎届を、e-Govで電子申請する方法をまとめました。 やってみて、郵送しないのは便利ですが、準備や操作に時間がかかる点が気になりました。 電子化を進めたい、という法人の方に、現状はこういったことが必要だということがお伝えできれば幸いです。 クラウド会計のfreeeはAPIを使ってe-Govとの連携(2019年6月現在は労働保険の更新はできる)を 始めているので、そちらの機能に期待しています。 【税務メニュー】 ・ ・ ・ ・ 【コンサルティングメニュー】 ・ ・ This entry was posted in. Bookmark the. Post navigation.

次の

届書作成プログラム―e

電子申請 事業所整理記号

社会保険の電子申請は「e-Gov」を利用 役所への手続の電子申請は、現在税金、社会保険・労働保険、法務と別々のシステムが使われています。 参考記事(個人ブログ): 今回は、 社会保険の手続である「算定基礎届」(法人分)を、専用のシステムであるe-Govで提出 する 方法を試してみましたのでレポートします。 (なお、この手続を法人で行うには 法人の電子証明書が必要となりますので、電子証明書をまだ 取得されていない方はこちら(前半部分)をご覧ください。 ) 参考記事(個人ブログ): 算定基礎届とは? 算定基礎届とは、 役員・従業員の方の社会保険料を決定するために、 年に1回年金事務所へ提出する書類です。 具体的には4月〜6月の平均の報酬月額を7月10日までに年金事務所に報告し、 その金額をもとに9月に改定が行われ、10月から新しい報酬月額にて 計算された保険料を給与から控除することになります。 提出する書類は、• 総括表(表紙のようなもの)• 報酬月額算定基礎届(個人別に記載されたもの) の2つになります。 e-Govで提出するためには 送られてきた資料の中に、「電子申請」による提出の説明があります。 そこには必要な書類として• 被保険者報酬月額算定基礎届 70歳以上被用者算定基礎届(CSVファイル添付形式)• 被保険者報酬月額算定基礎届 総括表• 被保険者報酬月額変更届 70歳以上被用者月額変更届(令和元年7月随時改定者)(該当者がいる場合のみ) と書かれています。 7月に随時改定をする人がいなければ、1,2が必要となります。 「CSVファイル形式」とあるように、具体的には e-Govに他のシステム(届出書作成プログラムというもの)から作ったCSVファイルを取り込む ことによって算定基礎届を作成・提出します。 具体的な手順 届出書作成プログラムでCSVファイルを作成する e-Govに添付するためのCSVファイルを作成します。 作成には、 「届出書作成プログラム」というシステムが必要となります。 (Windowsのみ対応) 日本年金機構のホームページからダウンロードができます。 初期設定をする インストールしたら、このようなアイコンとなりますので 起動します。 (レトロなアイコンです!) 初期設定ウィザードの画面が開きますので、必要事項を入力します。 事業所整理記号、事業所番号などは送られてきた書類や、 新規適用届をしたときの書類を見て入力します。 登録被保険者情報編集という画面が出てきますので、 「追加」ボタンを押します。 被保険者の登録画面が出てきますので、氏名、生年月日、報酬月額、基礎年金番号、マイナンバーなどの情報を入力していきます。 先程作成した被保険者情報を呼び出し、算定基礎届を作成します。 登録を行うと、 届出書ファイル(. jkk拡張子)ができますので、わかりやすい場所に保存をします。 提出ファイル(CSVファイル)を作成する 次に、e-Govに取り込むための提出ファイル(CSV)を作ります。 先程作成した届出書ファイルを選びます。 作成年月日等を確認して、電子申請用ファイル(CSV形式)を作成します。 保存先は、自分ですぐわかるところにしておきます。 なお、 印刷(PDF化)もしておきます。 (あとで電子申請システムに手入力が必要となるため) これで、ようやくe-Govに取り込むためのCSVファイルができました。 e-GovでCSVファイルを取り込み、提出する e-Gov電子申請アプリケーションをインストールする さて、添付するCSVファイルもできたことだしe-Govで提出!と言いたいところですが e-Govで申請するためには、 専用のプログラムのインストールが必要です。 こちらから行うことができます。 (Windowsにのみ対応) 手続きを検索、選択する インストールが済んだら、e-Govのの画面から、キーワードで手続きを検索します。 e-Gov電子申請アプリケーションを起動する 「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」ボタンを押します。 「ワークフォルダの指定」という、作業をする場所を指定する画面が出てくるので、作業するフォルダを指定します。 総括表を入力・作成する 次に、このような総括表(総括票?)を入力する画面が出てきますので、 先程印刷又はPDF化したものを入力します。 (読み込めればよいのですが。。 ) 「添付書類はありますか」という箇所には、 電子にチェックを入れておきます。 作成が完了すると、次のような画面になります。 「引き続きこの手続の他の申請届出書を作成します。 」 を選択し、「進む」ボタンをクリックします。 CSVファイルを添付する 添付書類を添付する画面が出ますので、先程の届出書作成プログラムで作成したCSVファイルを指定して添付します。 「署名して次へ進む」ボタンをクリックします。 電子署名を行う 次に、電子署名を行います。 ICカードでの認証であれば、ICカードを接続します。 一時預かりを行う 署名が終わったら、 「預かり票」の指定画面にいきます。 一度保管をして、呼び出すそうです。 「預かり票指定」というところでファイル場所を指定し、わかりやすい名前で保存します。 申請者情報を入力・送信 これでようやく送信!?と思ったらまだ続きます。 メニューに戻り、「申請書送信」を選択し、先程保存した預かり票を読み込みます。 その後、申請者情報を入力します。 これも先程入力したのを生かしてほしいです。 なお、下のように姓名の間に全角スペースがないと あとでエラーになるので、姓と名の間には全角スペースを追加しましょう。 お気をつけください。 最後の最後で申請意思を確認されます。 ここまでやって、提出しない選択はないので確認し、送信ボタンを押します。 最後に、「到達確認」という画面が出てきたら無事送信できた証拠です。 「表示内容を保存」で必要ファイルを保存しておきます。 まとめ 法人の社会保険の算定基礎届を、e-Govで電子申請する方法をまとめました。 やってみて、郵送しないのは便利ですが、準備や操作に時間がかかる点が気になりました。 電子化を進めたい、という法人の方に、現状はこういったことが必要だということがお伝えできれば幸いです。 クラウド会計のfreeeはAPIを使ってe-Govとの連携(2019年6月現在は労働保険の更新はできる)を 始めているので、そちらの機能に期待しています。 【税務メニュー】 ・ ・ ・ ・ 【コンサルティングメニュー】 ・ ・ This entry was posted in. Bookmark the. Post navigation.

次の