徳島 ヴォルティス 掲示板。 Jリーグ

徳島ヴォルティス OFFICIAL WEB SHOP

徳島 ヴォルティス 掲示板

新商品一覧• 藍染風群雲柄ニットマスク 一般価格1,320円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,250円(税込)• ガチャガチャ缶バッジ詰め合わせ 一般価格1,000円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,000円(税込)• ユニフォームクッションキーホルダー2nd 32~45 一般価格1,430円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,355円(税込)• ユニフォームクッションキーホルダー 32~45 一般価格1,430円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,355円(税込)• ドルマンスリーブTシャツ 一般価格4,620円(税込) CLUB VORTIS会員価格 4,385円(税込)• ヘアーゴム 一般価格880円(税込) CLUB VORTIS会員価格 835円(税込)• リボンリストバンド 一般価格990円(税込) CLUB VORTIS会員価格 940円(税込)• リストバンド12 一般価格880円(税込) CLUB VORTIS会員価格 835円(税込)• ロンパース 一般価格4,180円(税込) CLUB VORTIS会員価格 3,970円(税込)• キッズ用スカート付きユニフォーム 一般価格4,400円(税込) CLUB VORTIS会員価格 4,180円(税込)• キッズ用ユニフォーム 一般価格4,400円(税込) CLUB VORTIS会員価格 4,180円(税込)• ドッグ用コスチューム 一般価格2,750円(税込) CLUB VORTIS会員価格 2,610円(税込) ピックアップ商品• オリジナルガーゼタッチマスク 一般価格770円(税込) CLUB VORTIS会員価格 730円(税込)• 2020オフィシャルネクタイ 一般価格7,700円(税込) CLUB VORTIS会員価格 7,315円(税込)• 宅配便受取:2020オーセンティックユニフォーム 1st,半袖 一般価格18,700円(税込) CLUB VORTIS会員価格 17,765円(税込)• イヤーブック2020 一般価格1,000円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,000円(税込)• オリジナル青緑タオルマフラー 一般価格1,540円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,460円(税込)• 2019-2020オフィシャルオーダーシャツ 一般価格14,300円(税込) CLUB VORTIS会員価格 13,585円(税込)• 2019-2020オフィシャルオーダースーツ 一般価格79,200円(税込) CLUB VORTIS会員価格 75,240円(税込)• マスコットフォトブック 一般価格1,000円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,000円(税込)• マスコットポシェット(ティスちゃん) 一般価格1,650円(税込) CLUB VORTIS会員価格 1,565円(税込) 会員ログイン.

次の

ヴォルティススタジアム

徳島 ヴォルティス 掲示板

<人間形成の指導> 徳島ヴォルティス サッカースクールでは、人間形成のための指導として、挨拶、ルール、マナー、協力、感謝、片付け、しつけ、あきらめないことに重点を置いて活動しています。 そのために、誰からも応援される人間になること、仲間を助けるということ、思いやりの心を持つということ、それらを指導の場面においてコーチの態度と言葉で伝えていきます。 また、しかる、褒める、認める、話さずに考えさせることを、場面に適して使い分ける指導を心がけており、自分は今なにをすればいいのかをスクール生自身に考えさせ、そのうえでチャレンジしようとしたことや、やろうとしたことを認め、長所を伸ばしていけるように働きかけていきます。 <2019年度の活動実績> スーパークラスから9名、スペシャルクラスから3名、計12名のスクール生が徳島ヴォルティスアカデミーのジュニアユースに加入しました。 セレクションを実施している「スーパークラス」「スペシャルクラス」では、より高いレベルでの指導を受けることができます。 セレクション クラス 指導概要 なし キッズクラス (幼稚園生) キッズ年代は好奇心旺盛で、練習では鬼ごっこや前・後ろ・横向きの動きやステップ、回転、ターンを中心とした動きづくりをメニューに組み込み、遊びを通して、体を動かす楽しさ、面白さ、うれしさを感じ、サッカーが好きだと思えるような指導を心掛け、同時に身のこなしを良くして低学年につなげていきます。 小学校低学年 小学校の低学年年代では、子供たちが楽しいと感じてくれるような指導を心掛け、想像力や発想力を重視し、神経回路に多種多様な刺激を与えることを目指します。 具体的には、ボールタッチを中心にボール感覚を養うメニューを組み、ドリブル及びボールを蹴る・止める、リフティングという基本技術の習得を目指して、ボールを大事にさせるような指導を心掛けます。 小学校高学年 「ゴールデンエイジ」と呼ばれる、サッカー選手として最も大切な時期に技術・戦術及びピッチ外においても正しい習慣が身につくような指導を心掛けます。 具体的には、トラップ、キック、ドリブルを中心にメニューを組み、3対1のパス回しの中で周りを観ながらポジションをとり、パスやトラップを考えてプレイするということを指導していきます。 また、1対1や2対1のメニューの中で、パスやドリブルの判断を身につけさせ、浮いたボールのトラップやキック、ヘディングの技術取得を目指します。 あり スペシャルクラス スペシャルクラスでは、通常のクラスより更なる選手の育成を目的に、より高いレベルでのプレーや意識を習得するために、基本技術を徹底した指導を達成し、スーパークラス、ジュニアユースにつなげていきます。 スーパークラス スペシャルクラスより高い意識を持ち、個人技術、戦術の習得を徹底し、ジュニアユースに繋げる指導をしていきます。 担当コーチ ご案内.

次の

徳島ヴォルティス OFFICIAL WEB SHOP

徳島 ヴォルティス 掲示板

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 徳島ヴォルティス株式会社 Tokushima Vortis Co. , Ltd. 株式会社 本社所在地 779-0108 犬伏字瓢谷2-22 内 設立 2004年9月10日 事業内容 サッカークラブの運営 代表者 岸田一宏 資本金 4億0,900万円 売上高 16億3,900万円 2018年1月期 営業利益 1億4,800万円(2018年1月期) 経常利益 1億4,400万円(2018年1月期) 純利益 9,900万円(2018年1月期) 純資産 11億3,900万円(2018年1月期) 総資産 14億9,300万円(2018年1月期) 決算期 1月期 主要株主 他 外部リンク 徳島ヴォルティス(とくしまヴォルティス、: Tokushima Vortis)は、の、、、、、、を中心とする全県をホームタウンとする 、(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 概要 [ ] 2004年9月に設立された「徳島ヴォルティス株式会社」が運営会社であり 、徳島県、ホームタウンの各()、販売 、、、グループ、、、、、、、、、、、、などの企業・団体が出資している。 ホームスタジアムは 、練習場はである。 チーム名称の「 ヴォルティス」(Vortis)とは、でを意味する「Vortice」(ヴォルティーチェ)をもとにした造語である。 「豪快なのように、パワー・スピード・結束力を兼ね備え、観客を興奮の渦に巻き込むチーム」を目指すと説明される。 なお、この「ヴォルティス」は時代のに在籍していたからまで愛称(当時はヴォルティス徳島)として使われていた。 マスコットキャラクターはに制定されたのペアである『』と『ティスちゃん』である。 かつては、ホームゲーム(試合前・ハーフタイムなど)や徳島県内で開催されるイベントでは非公式マスコットの「」が存在し(ボール型の着ぐるみをかぶっているが、顔と手足が出ているため、MCも可能)、『ヴォルタくん』『ティスちゃん』『ボール君』とで「ぽんぽこ倶楽部」というユニットを組んでいた が、『ボール君』を演じていたスタッフが退職したため、活動していない。 歴史 [ ] 前史 [ ] 詳細は「」を参照 に創設されたが前身。 に2部へ昇格 、からは(旧JFL)に参戦 、1999年からは(JFL)へ参加し、2003年および2004年にはJFLで2連覇した。 2004年9月に大塚製薬サッカー部を引き受けるサッカークラブの運営法人が設立され、Jリーグ加盟を申請。 2004年12月にJリーグ入会が認められ 、への参加が決まった。 2005年 - 2013年(J2) [ ] 2005年 新入団の(12得点)と(11得点)のFW2人が二桁得点を挙げ、MF・DF・GKなどの他の新戦力や、MF・MFなどの大塚時代からの選手も活躍し、7位のと勝ち点2差の12チーム中9位に入った。 2006年 9月、大塚製薬から8年間チームを率いたが監督を辞任し、ヘッドコーチのが監督に就任したが、就任直後に行われたとので敗れるなど、最下位の13位でシーズンを終えた。 シーズン終了後、東が監督を退任。 また、大塚製薬の社員選手の内、大場と林は現役を引退。 片岡はプロ選手契約を結んで大塚製薬を退社した。 12月にクラブ事務所が(土地はと大塚製薬が無料で貸与)に移転した。 2007年 クラブスローガン :「 Re・ヴォルティス -再生への決意-」 が監督に就任。 シーズン中にからMFを獲得、羽地登志晃がに移籍する一方で甲府からFWがで加入した。 リーグ戦は2年連続の最下位に終わり、今井がこの年限りで監督を退任。 第43節から第50節にかけての7試合連続無得点敗北は、この期間を挟む757分連続無得点と共にJリーグ記録を作った(合計31得点もリーグ最少)。 2008年 クラブスローガン :「 闘走!〜想いをひとつに〜」 元監督のが監督に就任。 DF・DF・DF大森健作が現役引退、FW小林康剛・FW長谷川太郎らが退団した一方、DF・DF・MFなど経験を持つ選手を補強した。 また、新外国人として、からFWを期限付きで獲得。 ドゥンビアは2年連続最下位だったチームを上位チームにも互角の戦いを演じるなど徳島の戦力アップに貢献し、さらに5月にはに選出された(チーム史上初となるA代表選出)。 しかし、ドゥンビアが6月にスイスのへ移籍してチームから抜けると全く勝てなくなり、第20節から第37節まで1勝も出来ず(4分け13敗)、3年連続で最下位に終わった。 社長のは3年連続最下位の責任をとり辞任、が後任社長へ就任した。 も初戦(3回戦)でに敗北した。 2009年 クラブスローガン :「 KEEP GOING FORWARD 前進あるのみ」 美濃部体制2年目。 監督以外のスタッフが全員退団し、新たなコーチを招聘。 また、昨シーズンから15人の選手が退団し、期限付き移籍だった外国人選手3人も契約を更新せず、MF・DF西河翔吾もレンタル元に復帰した。 一方で、MF・DF・GK・GK・MF・DF・DF・MFなどのJ1経験者やDF・FW・GKなどを獲得、東海大学卒のFWらが新加入した。 また、シーズン中の8月にから元のFWを期限付き移籍で獲得した。 シーズン成績は19勝5分17敗の9位 18チーム中 と前年を上回る順位でシーズンを終えた。 は初戦(2回戦)でに敗北した。 2010年 クラブスローガン :「 KEEP GOING FORWARD 不断前進」 美濃部体制3年目。 FW柿谷曜一朗の期限付き移籍期間を延長、期限付き移籍だったMF青山隼を完全移籍で獲得、からMF、甲府からDF、C大阪からMFとDFなどの選手を獲得。 また、からFWを、からFWをそれぞれ期限付き移籍で獲得した。 また、初の下部組織出身者としてユースからFWが昇格。 7月にブラジルのよりFWが期限付き移籍で加入した。 開幕から4連勝で一時は首位に立つが、その後は守備の不安定さもあり、負けが込んで失速、最終的に8位となりJ1昇格は成らなかった。 また、この年を最後にが活動休止となった。 は3年振りに初戦(戦)を突破したが、3回戦でに敗北した。 2011年 クラブスローガン :「 KEEP GOING FORWARD 全力前進」 美濃部体制4年目。 FW羽地登志晃やMFが引退、MF青山隼がに移籍した一方、名古屋からFW、鳥栖からMF、からDF、からDF、からGKなどをそれぞれ完全移籍で獲得。 またからDF、名古屋からGKを期限付き移籍で獲得した。 また、7月に仙台からを完全移籍で獲得。 センターラインを中心に新戦力を獲得した2011年は序盤は4-3-3での流動的攻撃をテーマに戦い、津田復帰後は主に佐藤と津田の2トップの4-4-2で戦った。 シーズン開幕から津田やエリゼウ、ドウグラス、DFなど主軸を怪我で欠きなかなかフルメンバーが揃わなかったが、シーズンを通して昇格争いに絡み7月31日の第23節を終えた時点で首位に立った。 その後は札幌・鳥栖の後半戦の巻き返しなどもあり、一時は5位まで順位を落とすが9月以降は上位戦や戦などで取りこぼしはあったものの、連敗は無く徐々に勝ち点を積み上げていった。 しかし、の影響で10月26日に延期されていた第7節のホーム札幌戦、11月27日のホーム鳥栖戦、の戦と3連敗。 シーズン4位となり、J1昇格はならなかった。 シーズン終了後、昇格を逃した責任を取る形で美濃部が監督を退任した。 2012年 クラブスローガン :「 KEEP GOING FORWARD 全ての力でJ1へ! 」 美濃部の後任には元監督のが監督に就任。 山形からMF、からMFとDF、からFW、名古屋からMF、からDFとDF、札幌からをいずれも完全移籍で、FC東京からMF、浦和からMFをいずれも期限付き移籍で獲得(青山は事実上の復帰)。 また期限付き加入していたFW津田知宏、GK長谷川徹が完全移籍に移行、FWドウグラスの期限付き移籍期間を延長したほか、前年8月に期限付き移籍していたGKがC大阪から復帰、DFエリゼウとは一旦戦力外としながらも再契約した。 またシーズン中の6月に鹿島よりMFが期限付きで加入した。 一方で、GKが引退してアカデミーコーチに就任、MFとMFが契約満了で退団、DF島村毅が湘南に、FW柿谷曜一朗がC大阪へそれぞれ期限付き移籍満了で復帰、FW佐藤晃大がに、DFペ・スンジンがに、DF輪湖直樹がに、MFが京都に、DFがに、MFディビッドソン純マーカスが・に、MF島田裕介が・にそれぞれ完全移籍。 期限付き移籍中だったDFが・に、DFがJFL・にそれぞれ完全移籍した。 開幕から2連勝で、第2節終了時に首位に立ったが、第3節から第11節まで3連敗2度を含む9試合勝ちなし(2分7敗)で第11節終了時に20位へ順位を下げた。 第6節以降シーズン終了までの間は第26節から28節と第31節に12位となったのが最高で、一度も昇格争いに絡むことがなく、前年より大きく順位を下げた15位でシーズンを終えた。 2013年 クラブスローガン :「 KEEP GOING FORWARD 2013 跳動」 小林体制2年目。 ヘッドコーチに山形元ヘッドコーチのが就任した。 GKがへ移籍、が契約満了で退団(プロ引退を宣言し東海1部・に入団)。 「獲得のポイントは中央のライン」 との小林の意向を受け、名古屋からDF、(前年はでプレー)からMF、からMFをそれぞれ完全移籍で、C大阪からGK、からGK、広島からMFを期限付き移籍により獲得、期限付き加入中のMFアレックスが完全移籍に移行、FWドウグラスとの期限付き移籍期間を再延長した。 また、大卒新人選手としてDF、DF、FW、MFを獲得した。 開幕から3試合未勝利(1分2敗)の後3連勝し、第6節終了時には一旦5位となるが、その直後に3連敗するなどし、結局前半戦は第6節を除き10位以下で、前半戦(第21節)終了時は15位であった。 第22節の戦からクラブ記録となる6連勝 、第33節まで12試合連続負けなしを記録したことで、第33節終了時に3位に浮上した。 第37節からの3連敗で6位に下げ、最終節のとの上位対決に敗れると7位札幌・8位の結果次第では圏外に落ちる可能性もあった が、長崎との戦いを制しリーグ戦を4位で終えた。 準決勝はホームで5位と1-1で引き分けたが、規定により決勝に進出。 決勝は3位に津田と千代反田のゴールで2-0で勝利してついに四国初のJ1チームが生まれた。 2014年(J1) [ ] クラブスローガン :「 共創 〜KEEP GOING FORWARD 2014〜」 小林体制3年目。 柴崎晃誠がへ完全移籍した一方、前年レンタル契約だったGK松井謙弥、GK川浪吾郎、MF大﨑淳矢、FWドウグラスを完全移籍で、C大阪からMF、浦和からMF、山形からMFを期限付き移籍で、のMF、韓国からDFを獲得し、大卒新人選手としてMFが加入した。 新加入となった6人の平均年齢は21. 6歳とJ1出場経験も少なく、J2時代の戦力を含めてチーム全体を成長させながら臨むことを目論んだ。 J1初戦となる開幕戦はアウェーで鳥栖に0-5の大敗、J1でのホーム開幕戦もに0-2で敗れ、の第10節・甲府戦でJ1昇格後の初勝利を飾る まで、J1リーグ戦が90分制(延長なし)となった2003年以降のワーストタイ記録となる開幕9連敗を喫する。 による中断後、からDF 、に期限付き移籍していた所属のMF をそれぞれ期限付き移籍で獲得、から元C大阪・のFWを完全移籍で獲得し、J1での実績のある選手3名を加入させた。 その一方、FWドウグラスをへ、今シーズン獲得したクレイトン・ドミンゲスをへ期限付き移籍で放出した。 リーグ戦再開後は7試合で2勝3敗2分けを記録したが、第22節から6連敗を喫する。 の第29節・戦で、1-3の敗戦により残り5節を残してJリーグ史上初のシーズン全節最下位と、1年でJ2降格が確定。 最終節・12月6日の戦(ホーム)で引き分け、G大阪の優勝を目の前で決められてしまうなど2013年のに続いてJ1ホーム未勝利に終わる。 勝ち点数は2012年の札幌と2013年の大分に並びリーグワーストタイの14。 Jリーグアウォーズでフェアプレー賞受賞。 2015年 - (J2) [ ] 2015年 クラブスローガン : 「 挑戦!〜Keep Going Forward 2015〜」 小林体制4年目。 シーズン開幕直前、社長が岸田一宏に交代。 がへ、がへ完全移籍、とがへ完全移籍など合計8人を放出。 また、、が引退した。 一方で、からDFおよび、からFW、から4年振りの復帰となる、からDF、からGKなどを完全移籍で獲得。 また、G大阪からを期限付きで移籍獲得。 から期限付き移籍の元コロンビア代表エステバン、山形から期限付き移籍の廣瀬智靖が完全移籍に移行した。 リーグ戦は前半21節はわずか3勝で一時は圏内の21位まで転落。 後半戦はやや持ち直したものの、昇格プレーオフ争いには絡むことは出来ず最終順位は14位、勝ち点は53。 Jリーグアウォーズで2年連続フェアプレー賞を受賞。 シーズン終了後に小林が監督を退任した。 天皇杯は4回戦で広島に敗れた。 2016年 クラブスローガン : 「 勇往邁進〜Keep Going Forward 2016〜」 ヘッドコーチのが監督に就任。 、などが退団、エステバンが引退した一方、から、からなどを完全移籍で、からなどを期限付き移籍で獲得した。 リーグ戦は昇格プレーオフ争いに絡むことはなく勝点57で9位。 Jリーグアウォーズで3年連続フェアプレー賞を受賞。 シーズン終了後に長島が監督を退任した。 天皇杯は3回戦でに敗れた。 2017年 クラブスローガン : 「 意気衝天」 スペイン人で元監督のが監督に就任。 (・)、()、(期限付き移籍先のへ完全移籍)、(期限付き移籍期間満了)などが退団。 一方でから、から、山口から、から、からを完全移籍で、神戸から、鹿島から、湘南からを期限付き移籍で獲得、が完全移籍に移行、新外国人選手として、を補強した。 シーズン中には、からを期限付き移籍で、からを育成型期限付き移籍で獲得。 一方でアシチェリッチが退団、へ期限付き移籍していたがへ期限付き移籍した。 攻撃陣が躍動し、特に渡は日本人最多となる23得点をマークする。 最終節直前に5位になったが、最終節で東京ヴェルディに敗れ、更に勝ち点2差で7位だった千葉が勝利した為にこの2チームに抜かれてしまい、最終順位は7位。 最終節の翌日にロドリゲス監督の続投が発表された。 2018年 クラブスローガン : 「 巻土重来」 ロドリゲス体制2年目。 、(共に広島)、(山口)、(金沢)、(讃岐)、、、などが退団。 と、が現役引退した。 GK、岐阜からと、水戸から、名古屋から、からなどを獲得。 レンタルで鹿島から、G大阪よりを獲得、また新卒で静岡学園より、よりを獲得。 前半戦は得点が少なく思うように勝てない試合が続き、更にシーズン途中の移籍期間に(神戸)、(鳥栖)、(湘南)、大本祐槻(長崎)がそれぞれJ1クラブへ移籍するなどあったが、シーズン途中に加入した、の外国人2人の活躍などで一度はJ1参入プレーオフ争いにまで顔を出すものの、シーズン終盤はまたも勝てない試合が続き、最終的に11位でシーズンを終了した。 天皇杯は3回戦で鳥栖に敗れた。 2019年 クラブスローガン : 「 一陽来復」 ロドリゲス体制3年目。 鳥栖からのレンタル移籍期間が満了したがそのまま現役引退、がプロサッカー選手を引退 した。 水戸から と、栃木から、甲府から、横浜FCから、湘南から、新潟から、千葉からを獲得。 レンタルでC大阪から 、松本から 、長崎から、からを獲得、また新卒で筑波大学より とを獲得、ユースから とがトップチーム昇格。 さらに前年途中からレンタル移籍で加入していたが完全移籍に移行した。 またシーズン開幕直後にはのを獲得した。 前半戦は思うように勝てず中位で推移。 ただ前シーズンのような主力級戦力の流失はなく、試合に絡めなかったチャキットの期限付き移籍終了、藤原志龍を・へ期限付き移籍させた一方で、鳥栖からが期限付き移籍でチーム復帰、岸本武流を期限付き移籍期限を繰り上げて完全移籍に移行させて臨んだ後半戦は尻上がりに調子を上げ、終盤戦に圏内まで浮上しJ2最高位タイの4位でJ1参入プレーオフへ進出した。 J1参入プレーオフは決定戦まで駒を進めたものの、湘南に引き分け、レギュレーションにより昇格を逃した。 天皇杯は3回戦でに敗れた。 2020年 クラブスローガン : 「 叶(かなえる)」 ロドリゲス体制4年目。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル・表彰 [ ] :1回• J2リーグ フェアプレー賞:2回• 、 スタジアム・練習場 [ ] ホームスタジアム [ ] ホームスタジアムはである。 過去のホームゲーム開催スタジアムはを参照のこと。 2012年1月1日、経済団体の徳島ニュービジネス協議会は、北の公有地に商業施設を備えた複合施設「街中スタジアム」を建設する構想を打ち出した。 ヴォルティスのホームスタジアムとして利用することを想定している。 しかしこれ以降、目立った動きはない。 練習場 [ ]• ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 青 青 青 FP(2nd) 白 白 白 GK(1st) 黒 黒 黒 GK(2nd) ピンク ピンク ピンク GK(3rd) 黄緑 黄緑 黄緑• 2017年9月23日閲覧。 徳島ヴォルティス. 2017年9月24日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 徳島ヴォルティス. 2017年9月24日閲覧。 徳島新聞本体はのため販売店を運営する子会社が出資• ヴォルティス日記 2010年4月15日. 2013年8月30日閲覧。 2013年1月17日. 2014年10月25日閲覧。 徳島新聞. 2013年6月30日. 2013年11月25日閲覧。 徳島新聞. 2013年8月5日. 2013年11月25日閲覧。 2013年11月24日. 2014年10月25日閲覧。 徳島ヴォルティスオフィシャルサイト 2014年1月20日閲覧• 2014年10月23日. 2014年10月25日閲覧。 2014年4月29日. 2014年5月3日閲覧。 2014年4月30日. 2014年5月3日閲覧。 徳島ヴォルティスオフィシャルサイト 2014年6月30日• 徳島ヴォルティスオフィシャルサイト 2014年7月23日• 2019年1月15日閲覧• アマチュア選手として()に加入• レンタル元から完全移籍• 育成型期限付き移籍。 前年は水戸に在籍• 前年は富山に在籍• 前年はとしてチームに在籍• 2017・2018年はとしてトップチーム在籍。 2018年シーズン途中にプロ契約締結• 2012年1月1日. 2013年10月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年8月30日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• vortakun -• - チャンネル•

次の