収束 終息 どっち コロナ。 「収束」と「終息」の意味や使い分けは?コロナの場合はどっち?

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

収束 終息 どっち コロナ

新型コロナウイルスしゅうそくは「収束」?「終息」? 穏やかな日常が戻るとき、それは新型コロナウイルスがしゅうそくしたとき、と言えるのではないでしょうか。 テレビやネットのニュースやツイッターなどのハッシュタグでも用いられている、コロナしゅうそく。 コロナのしゅうそくは「収束」、「終息」、どちらを使うのが正しいのでしょう? c Shutterstock. また、収まりをつけること。 」(より)を言います。 例えば新薬が開発され、新型コロナウイルスによる混乱状態が落ち着いたという場合に使います。 」(より)を言います。 例えば新薬に加え予防接種も開発され、新型コロナウイルスの新規発症がなくなったという場合に使います。 時系列順で考えると「収束」してから「終息」することになりますね。 いかがでしたか? 結論としては新型コロナウイルスの『収束』も『終息』も我々の願いですよね。 そのため、 どちらのしゅうそくを使っても間違いではありませんし、同じ発言者でも 場面によって使い分けることもあると思います。 最終的な目標はコロナ「終息」ですが、まずは、 目先の目標はコロナ「収束」です。 精神的に息苦しく感じることもありますが、自覚を持った行動をひとりひとりが心がけ、まずは1日も早い『収束』を迎えましょう! TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

ウイルス流行の「収束」と「終息」 使い分けは?

収束 終息 どっち コロナ

新型コロナウイルスによる社会的状況(問題や感染状況)などが落ち着いたら「収束」• 新型コロナウイルスを完全制圧できたら「終息」 「収束」は「感染症自体」ではなく、「感染状況」などに使うのがふつうのようです。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 出典: 「新型コロナウイルスの感染の広がりはしゅうそくに近づいている」 この例文の場合、「収束」と「終息」どちらも使うことができますね。 新型コロナウイルスによる問題や感染状況が収まってきた時は「収束」、完全に終わった時は「終息」です。 「終息宣言」が出される日が一日も早く来ますように! 「収束」「終息」の違い、意味や使い分けまとめ 今回は、「収束」と「終息」の意味や使い分けなどをお伝えしました。 以下がまとめになります。 収束・・・おさまりがつく• 終息・・・続いていたことがすっかり終わる 使い分け• 収束・・・状況や事態などが一定の状態に落ち着くこと• 休業できない職種のかたの心労も、かなりのものだと思います。 ですが、悲観してばかりもいられません。 不要な外出を避ける• 人込みを避ける• 家族総出の買い物をしない• マスクを着用•

次の

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

収束 終息 どっち コロナ

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の